チーズケーキ専門店・方界支部

遊戯王のブログ 方界の可能性を信じろ

環境における方界デッキ【真竜編】

ブログの閲覧ありがとうございます、クリームチーズです。

前回のブログからだいぶ間が空いてしまいましたが、しっかりと方界は使っていました。結果は全く残せませんでしたが、色々と勉強になった事もあるので書き記して行きたいと思います。

いや、はい。これから勝ちますので。大丈夫です。大丈夫...

 

今回から、現在の環境に居るデッキに対して方界がどう戦うべきか?という点を体験を交えて語って行きます。相当厳しい環境なのは間違い無いですが、プレイングと構築を練れば勝つのが不可能な相手ではないので諦めずに頑張って行きましょう。

f:id:creamorcheese:20170519001041j:plain

サムネ用デューザ君

 vs【真竜】系デッキ

まずは現環境でトップをほぼ独走している真竜デッキからです。真竜には多くのデッキタイプがあるので、メタを1つ貼れば安定して勝てる訳ではありません。とは言えその全てにメタを貼るのは不可能なので、とりあえず現在多く使われている数種類をピックアップしていこうと思います。

 

【十二真竜】

f:id:creamorcheese:20170519001831j:plain f:id:creamorcheese:20170519001850p:plain

4月の改定で死んだと思ったらなんか生き返りました。ご存じ十二真竜です。

「十二獣ラム」+「ドラゴニックD」のムーブがメインのデッキで、十二獣による安定性&後続確保と真竜による打点&高性能除去を振りかざして来ます。また、十二獣を多めにしている構築と上級真竜を多めにしている構築があるので、それによって対応を変える必要があります。

基本の展開パターンとして、上記の2枚に加え「真竜剣皇マスターP」or「真竜皇の復活」or「真竜の黙示録」のいずれかを引いていると

フィールド:ブルホーン+ハマーコング+十二獣ラム+真竜罠

手札:マスターP+十二獣ヴァイパー+不明2枚

と言った盤面になります。(サラブレード等からスタートしても似たような盤面になります)

f:id:creamorcheese:20170519010225p:plain

方界にとってこの状況で怖いのはやはり真竜罠ですね。クリムゾン・ノヴァはヴァイパーの効果を受けないので十二獣要素については問題ありませんし、ヴァイパーをサーチしている場合は攻撃表示で残す事が多いので的にする事が出来ます。(ただし1戦目に限る)

中には「十二獣ラビーナ」をハマーコングの素材に入れる人も居るので、その場合方界波動が無効にされてしまう点は注意しましょう。

問題の真竜罠ですが、「真竜拳士ダイナマイトK」が存在しないなら”スタンバイフェイズ”にツインツイスター等で破壊してしまうのが一番簡単です。このタイミングではアドバンス召喚効果は使えないので、手札のマスターPは出てくる事が出来ません。

ダイナマイトKが存在する場合は、「壊獣」モンスターを使うか効果を発動させた後に「PSYフレームギア・γ」や「灰流うらら」を使うのが効果的です。1戦目で相手のデッキがどちらのタイプかを見極め、サイドチェンジを間違えないようにしましょう。(3敗)

f:id:creamorcheese:20170519011154j:plain f:id:creamorcheese:20170519011213j:plain

「「くもまものから(ry」」

 

なおこのデッキは真竜要素のおかげで後攻でも十分な強さを誇るので、1戦目に勝利した場合ほぼ間違いなく後攻を取ってきます。方界デッキは先行でデューザ+合神くらいしかやる事が無く、そこへうららを当てられると本格的にヤバくなります。

なのでそれを逆手に取り、勝利した後は「先行前提のサイドチェンジ」をします。

具体的に言うと、相手の動きに確実に刺さるカードをサイドから投入します。方界デッキは相手の展開が1ターンでも遅れれば十分にワンキル出来るパワーを持っているので、勝利の可能性をグッと近づける事が出来ます。

ただし方界というデッキの性質上役割が1枚で完結している必要があります。2枚も使ってしまうと、基本的に返し札が足りなくなってしまうからです。

条件を満たす一般的な例を挙げると、「次元障壁」「増殖するG」等が当てはまります。どちらも十二獣の動きを止めてくれて攻撃表示の的も残せますが、真竜要素には無力な事、後者は灰流うららに止められてしまう事など少し中途半端さが目立ちます。

「マクロコスモス」なら真竜ムーブとラム、ライカの蘇生関連は止められますが、ブルホーンのサーチは止められないので押し切られる可能性が高いです。というかそれ以前に方界が死にます。

十二獣ムーブと真竜ムーブのどちらも止められて、自分の邪魔もしないカード。そんな夢の様なカードがあるのでしょうか?まさかあるはずが...

f:id:creamorcheese:20170519013031j:plain

あ り ま し た

という訳で「エクシーズ・ユニバース」です。相手の十二獣Xモンスター2体を墓地へ送り、「DDD双曉王カリ・ユガ」特殊召喚する事が出来ます。カリ・ユガにはフリーチェーンでフィールドの魔法・罠を全て吹き飛ばす効果が備わっているので、相手がどれだけ伏せようと自分のターンには更地の状態でターンを迎える事が出来ます。

相手が真竜罠を伏せた場合カリ・ユガは破壊されてしまいますが、1枚で十二獣と真竜罠まで道連れにしてくれたなら十分です。後は方界に任せましょう。破壊効果に「方界業」や「方界合神」を巻き込む事も出来るので覚えて置くと良いですね。

なお、このカードは1度見せるとライカの蘇生モンスターをエクシーズ以外にしたり等でケアされてしまうので注意しましょう。なるべく決めた次のターンで勝てると良いですね。

※裁定関連

・マクロコスモス下でも発動でき、モンスターを除外出来るがカリ・ユガは出せない。

・効果解決時に片方が居なくなるともう片方も墓地へ送る事は出来ない。

・X召喚扱いでは無いため、カリ・ユガの①の効果は適用出来ない。②は大丈夫。

・発動や効果が無効になると、ダメージが0になる効果も適用されない。

 

【WW魔導真竜】

「魔導書士バテル」+「ルドラの魔導書」での圧縮&ドローや「WWアイス・ベル」で破壊耐性持ち「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」を召喚する動き等を行う極悪デッキです。ドローされて誘発や真竜罠を引き込まれるのもツライですし、クリスタルウィングも超える手段が限られているのでキツイです。

f:id:creamorcheese:20170519014754j:plain

方界にもコレくれ

このデッキに勝つには、基本的には手札誘発を投げるしかありません。WWムーブに「増殖するG」を投げると確実に止まってくれる他、バテルへの灰流うららも効果的です。

また、サーチとドローを多用する関係上「ドロール&ロックバードが非常に良く刺さります。バテルのサーチ後に撃つとルドラのドロー、アイスベルのSS、ドラゴニックDのサーチが不可になるので割と弱い盤面でターンが帰って来る可能性が高いです。

他にも、クリスタルウィングには「壊獣」モンスターが有効です。というかそれ位しか効率的な対処法が無いので自分の周りに使用者が多いと感じたらメインから入れてしまって良いと思います。

 

【命削り真竜】

なんか沢山ドローされますが、相手に手札誘発はほぼ無いのでバスターガンダイル(orインディオラデスボルト)を出して耐久すればたぶん勝てます。効果を使った返しのターンにヴェルズビュートで吹っ飛ばしましょう。

f:id:creamorcheese:20170519020806j:plain

ちなみにバスターガンダイルは「相手によって墓地へ送られた場合」という超ユルユル条件なので「帝王の列旋」や「壊獣」モンスターによってリリースされても効果を発動出来ます。勿論戦闘破壊でも良いので、ライフに余裕があるなら自爆特攻してしまうのも手ですね。

 

【真竜メタルKozmo】(メコシン)

永続罠を確保しやすい「メタルフォーゼ」を用いて真竜のコストを確保しつつ、Kozmoによるビートダウンと盤面の制圧を目指すデッキです。

基本的に回ると手が付けられませんが、実はクリムゾン・ノヴァに「方界業」or「方界波動」を付けて打点を上げると相手からの回答が一切無くなります。相手はKozmoカードで勝手にライフを削ってくれるので、2回効果を発動したらたぶん勝てると思います。足りない分はゲイラガイルで削り切りましょう。

f:id:creamorcheese:20170519021329p:plain

↑(カード検索の大会結果欄にあったサンプルレシピです。この様に基本的にメインデッキには回答がありませんが、サイドには聖杯、月書、ミラフォ、激流葬、壊獣などが採用されているケースもあるので2戦目以降はバック除去もしっかりして行きたいですね。)

 

また、「Kozmo-フェルブラン」等の手札から上級を呼び出すKozmoモンスターに「壊獣」を投げ付けるのも有効です。壊獣ほんと強いですね。

注意する点としては、打点が上げられず、そのターンにキルが出来ない状態でクリムゾン・ノヴァを出してはいけないという点です。「Kozmo-ダークシミター」に相打ちを取られて残り5000のライフを一気に削られてしまうので十分気を付けましょう。

ちなみにこのデッキ相手には「強欲で貪欲な壺」をサイドチェンジで抜く必要はありません。その理由は、相手の最高打点が「FA-クリスタル・ゼロ・ランサー」の3700であり「方界業」でヴィジャム1体をクリムゾン・ノヴァに組み込むだけで良いからです。

3体とも飛ぶ事はおそらく無いと思うので、躊躇なく使って打点を上げた状態で盤面に置くことを最優先にしましょう。

周りにこのデッキが多いなら「魔力の泉」を採用すると勝率が上がると思います。WW魔導真竜の時もそうですが、周囲の環境をメタる事も大事ですね。

 

トリックスター真竜】

治安が悪い。勝てません。うらら引ける事を祈りましょう。

 

【古代の機械真竜(融合軸)】

盆回しした後のカタパルトにうらら撃ったら死ぬらしい。

 

 

今回は真竜デッキに対抗する手段を紹介しました。とりあえず一番キツいのはダイナマイトK+ドラゴニックDの組み合わせなので、それさえ何とか出来れば勝機はあると思います。また、2戦目以降の勝利が方界にとっての大きな壁なのでサイドデッキに関しても煮詰めて行きたいですね。 

次回は恐竜関連のデッキについてのブログになると思います。少し数は減って居ますが凶悪なデッキには違いないので対策を怠らないようにしたいですね。

ここまで見て下さりありがとうございました!良ければブログランキングをクリックお願いします!↓↓

 

 

 

 

 

お ま け

f:id:creamorcheese:20170519001041j:plain   f:id:creamorcheese:20170123015719j:plain f:id:creamorcheese:20170519022951j:plain

「この3枚でドラゴニックD+ダイナマイトにワンキルか盤面消し飛ぶかどっちか確定じゃんwwwwwつっよwwww入れたろwwwww」

f:id:creamorcheese:20170519023643p:plain

 

f:id:creamorcheese:20170519023827p:plain

ダメじゃん。

ありがとうございました。