チーズケーキ専門店

遊戯王のブログ 方界の可能性を信じろ

【超天Kozmo】について

方界の話をして無さ過ぎて遂にブログ名から方界の文字が消えました。クリームチーズです。

 

今回は自分のお気に入りテーマの1つであるkozmoを使ったデッキを紹介します。とは言えそんなにKozmoの動きはしないのでデッキ名詐欺感はあります。誰かちゃんとしたデッキ名付けて下さい。

 

f:id:creamorcheese:20171109214758p:plain

【超天Kozmo】とは

上記の画像の通り、《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》(長いので以下レボリューション)を使ったKozmoデッキになります。命名したのは自分では無いですし構築も違いますが、呼びやすいのでこう呼んでます。【レボリューションKozmo】もカッコ良いと思ったんですがウケは悪かったです。

このモンスターの①の効果で《覇王卷竜ダークヴルム》をサーチし、P召喚や《竜の渓谷》によるヴルムトルドー展開を狙ったり、Pスケール時の効果で《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を使い回したりするのが基本的な動きとなります。

また、《盆回し》で《Kozmo-エメラルドポリス》を押し付ける事により《Kozmo-フェルブラン》をサーチし、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の効果で特殊召喚する事も出来ます。純Kozmoでは召喚権が不足しがちなのでとてもありがたいですね。

色々と入ってるのでとりあえずレシピを見て頂こうと思います。

f:id:creamorcheese:20171109214252j:plain

f:id:creamorcheese:20171109214309j:plain

本当に色々入ってますね...ちゃんと解説致しますのでご安心ください。

 

《超天新龍オッドアイズヤバイ事書いてるドラゴン》

このデッキのメインエンジンです。初手にある場合は《覇王卷竜ダークヴルム》のサーチに充て、《竜の渓谷》《亡龍の戦慄-デストルドー》と合わせて召喚権を使わずに《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を狙いに行きます。

その後《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》で《天空の虹彩》をサーチし、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を破壊、レボリューションをサーチして蘇生する事で再度効果を発動出来ます。

最後にサーチするのは《暴走魔法陣》になります、召喚権は余っているので光属性のレボリューションと合わせて《召喚獣メルカバー》を融合召喚出来ます。

《亡龍の戦慄-デストルドー》のライフコストは重いですが、2000回復出来るのである程度は耐えられるでしょう。

ちなみに【魔術師】相手に墓地に置いておくと《覇王卷竜スターヴ・ヴェノム》にコピーされて死を見るのでしっかり除外しておくように。まさかそんな事に気付かない人なんて居ませんよね。ワハハ。

 

《終末の騎士》

f:id:creamorcheese:20171109234146j:plain

メインエンジンその2。《竜の渓谷》が引けないor通らない時の《亡龍の戦慄-デストルドー》による展開、《究極進化薬》のサーチ、各種手札誘発の引き受けと言った仕事があります。

このカードが引けてるかどうかは相手の手札誘発を貫通できるか否かに大きく関わるので、3積み+《増援》で最大数としています。また、特殊召喚時にも効果が使えるので《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》から特殊召喚して《究極進化薬》をサーチ出来ます。

このカードに召喚権を回してしまうと《召喚師アレイスター》に召喚権が使えなくなってしまうのでなるべく特殊召喚したいカードです。

 

《覇王卷竜ダークヴルム》《覇王門零》

f:id:creamorcheese:20171109234434j:plain

レボリューションでサーチできるパワカです。《竜の渓谷》で落としても良し、スケールに貼ってP召喚しても良しと万能です。前者はもちろんですが特に後者を高く評価していて、1枚で0~5の闇属性専用スケールを揃える事が可能です。

このデッキでP召喚したい《終末の騎士》や《魂喰いオヴィラプター》はどちらも闇属性なので、誓約に引っかからずにP召喚出来ます。また、召喚権を残せるので当然ながら《召喚獣メルカバー》にも繋げられます。

他にも《終末の騎士》+《覇王卷竜ダークヴルム》が揃うハンドでフィールド魔法が無い時や《浮幽さくら》で《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を除外されてしまった時に、《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》をシンクロ召喚する事で《覇王門零》を特殊召喚し、それらを素材に《No.42スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》をX召喚出来ます。

トークンを5体生み出す事が出来るので、そこからリンク召喚を連打して4体素材の《鎖龍蛇-スカルデット》をリンク召喚する事で4ドロー3枚戻しが行え、ドローした中に《Kozmo-ダーク・シミター》《Kozmo-ダーク・エルファイバー》《終末の騎士》《魂喰いオヴィラプター》等があればそのまま置物が増える結果となります。もちろん手札誘発を貯め込むのも有効です。

ただ、これはあくまでいつもの展開が出来ない場合に使うケアプランなので積極的に狙うべきではありません。4ドローは魅力的ですが取捨選択が難しいのでどうしても必要な時だけ行うようにします。

 

【Kozmo】パーツ

f:id:creamorcheese:20171109235535p:plain  早く刷れ

《》付けるの疲れるのでKozmoは免除します。

シミター3、ポリス2、エルファイバースリップドロッセルフェルブラン1となってます。

シミターは素引きすれば展開途中に特殊召喚したフェルブランを強く使えるのと、《究極伝導恐獣》で破壊する事で壁蹴散らしながらドロッセル通したりしたいって考えで3枚採用。後は《鎖龍蛇-スカルデット》で出してエルファイバーに変えるのも有効です。ただ腐る事が多かったので2でも良いかもしれません。

ポリスは《盆回し》で押し付けるのが強いのと、回収効果が次ターンからの貴重なアド源なので2にしています。

その他は1ですが、あんまり使っていないのでドロッセルとシミターだけにしても良いかも知れません。それがKozmoなのかどうかは置いておいて。

 

【恐竜】パーツ

f:id:creamorcheese:20171109235717p:plain

見ての通り《究極伝導恐獣》が出したいが為の出張です。素引きゴミが増えてしまいますが、それを差し引いてもあまりにも強すぎるので採用。なお《オーバーテクス・ゴアトルス》を素引きした場合は《召喚獣カリギュラ》や《沼地のドロゴン》に変えてサーチします。どちらもレベル4なので相手に拠っては《No.41 泥酔魔獣バグースカ》の素材にしてしまっても良いですね。

 

召喚獣】パーツ

f:id:creamorcheese:20161216003956p:plain

フィールド魔法からサーチ出来るお手軽妨害セット、なのですが召喚権が必要な為初動で握れると美味しいです。レボリューションが墓地に居ない場合は《セキュリティ・ドラゴン》等を使って光属性を用意します。

このデッキだと腐った場魔法などがハンドに残りやすく魔法カードも無効にしやすいのですが、結局止められるのは1枚限りなのでぐるぐる回した終着点としては不十分なのかもしれません。とは言え強いのは間違い無いので考え所ですね。

 

改良案

現状の欠点が3つほどあります。

・展開しきってしまうとアレイスターしかリソースが残らないので、返された後が非常にマズイ。プルガトリオだけで返せるなら良いが...

・下振れ回避策としてのトマホーク→スカルデットの動きが想像より弱い。4ドローしてもダメな時はダメなのと、デストルドーを使ってしまっているのでエンシェントフェアリー展開が不可能。Kozmoやゴアトルスが落とせる札を引けていれば置物を増やせる。

・誘発の枠が足りていない。最低でももう2枠は作りたい。というかその前にデッキを40枚にしたい。

 

1つ目はメルカバーが既に通用しない時代になっているのが大きな理由で、むしろカリギュラの方が強い様な気までしてきます。バグースカの様にアドバンテージを腐らせる方向の置物の方が、環境にはあっているんでしょう。先行でバグースカを狙う構築にするなら召喚獣要素は入れる必要が無いのかもしれません。

その場合、恐竜要素を増やす事で《究極伝導恐獣》を狙い易くする事も考えられます。要検証。

 

2つ目はある程度仕方ない気もしますが、他の案として別のランク7モンスターを採用するという選択肢もあります。

f:id:creamorcheese:20171109235822p:plain

まず《No.89 電脳獣ディアブロシス》。これから流行りそうな【彼岸】に対して非常に強力なメタになりますし、先行で出すモンスターとしては一級品です。ただし、その後の展開が何も続かないのであまり優先したい選択肢ではありません。

f:id:creamorcheese:20171109235853p:plain

f:id:creamorcheese:20171109235936p:plain

もう一つの選択肢は、《RR-アーセナル・ファルコン》。最高クラスの制圧力になる《烈風の結界像》をリクルート出来ます。メインに入れる必要はありますが、《烈風の結界像》は特に召喚制限の無いモンスターなので展開の最後に《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》で特殊召喚する事も可能で、素引きしても特に問題はありません。

欠点としてはステータスが低い事と、こちらの展開も止まってしまう事で《烈風の結界像》を素材に出来る風属性のリンクモンスターは現状存在しないので、《竜巻竜》か《ダイガスタ・エメラル》の素材にするしかないです。《究極伝導恐獣》を横に置いておいたりレベル4モンスターをキープしておくなどプレイングが大事になりそうです。

 

3つ目は限界まで枠を削ればなんとかなるかもしれません、一応【サブテラー】を出張させればエンジン兼妨害を用意する事も出来ますが、《サブテラーの導師》の強みは継続的にアドバンテージを稼げる所にあるので使い切りの出張には厳しい物があります。

《BF-朧影のゴウフウ》《チキンレース》等は抜いても良いと思いますし、枚数は要調整ですね。

 

 

ここまで見て下さってありがとうございました。元々は【メタルKozmo】を考えていたんですが偶然面白そうなデッキが見つかり、組んでみた次第です。ちょっと個人的にはパワー不足かなと思っているのでCSで使うかは分かりませんが、もう少し弄ってみようと思います。

 

↓良ければクリックお願いします!