チーズケーキ専門店

遊戯王のブログ 方界の可能性を信じろ

パーデクめも

その時の考えを後で見返すのが案外楽しいので、メモ代わりに色々思った事を書く場所。自分用なので文章のみ。

 

 

 

 

・イーバ

墓地へ行くだけでパーデクのコストを2枚確保出来ると書くと聞こえは良いが、デフラ展開をすると墓地に天使がヴィーナスしか残らないので基本的には綺麗に使えない。

また、エッグ(プチ)エンジェルと朱光は引いてもあまり嬉しい札ではなく、重葬の発動後やパーデクによる誘発ケアが成立した状況でかつイーバを手札に残す余裕がある場面の為だけに2枠使う価値があるのかは疑問を感じる。

今回のCSでは閃刀姫の強ハンを抑え込むのに一役買ったので一概に弱いギミックとは言い切れないが、機械天使要素を濃くした型の方が扱いやすくアクセスもしやすいので、イーバによるカウンター連打が必要な環境ならそちらに切り替える事も視野に入れようと思う。

 

 

・プチとエッグ

既に抜ける候補筆頭だけど一応。

プチが触れるのは弁天のみでエッグはチャーチを経由する事でパーデク、弁天、儀式の全てに触れるので上位互換に見えるが、ヴィーナスに召喚権を割く以上この2体の効果を起動するのはほとんどスカルデットのss効果であり、このタイミングは既にチャーチが使用済みであったりコストになる魔法が無い事が多い。

スカルデットでドローをする目的はクリスティアの成立であり、ブリューナクと合わせてアド損せずにクリスティアに繋げられるプチの方が優先度が高いと思う。

※どちらにしてもこの展開では墓地の天使をもう1体増やさなければクリスティアは出ないので、プランとして組み込むには不十分

 

 

・スカルデット2枚目とイムドゥーク

ヴィーナス1枚で先攻で出来ることは

1.スカルデット(4ドロー)

2.スカルデット(4ドロー)+アビス

のどちらかであり、エルピィが手札からもss出来るためデフラの素引きで展開が不可能になることは無く、前者を選択するメリットはクリスティアを自身の効果でssして手札の天使を1枚増やせる程度。スカルデットの2枚目が必要になるのは前者を選択した上で素引きのデフラをスカルデットでssする場合のみでありとても採用する意義があるとは言えなかった。

 

 

 

・リチューアルチャーチ

ヴィーナスに召喚権を使う以上ゲールドグラは採用出来ず、儀式の安定度が落ちるのを防ぐ為にテラフォも含めて最大数採用。初めて使ったが同名含むターン1被りの許容や預言を捨てて準備で拾ってアド損を防ぐ動きがかなり感触が良くて使いやすかった。

また、パーデクを出すまでの過程で墓地に魔法が2枚落ちれば球体を1体蘇生することで龍拳聖の部分を3素材アポロウーサに出来るので既に手札にクリスティアがある場合は狙いたい。

※アポロの下にビスティアガーペインデフラで3素材スカルデットを立てる

 

 

・誘発

イーバギミックとテラフォを削ってγを3枚採用する予定。

強力な誘発であり自ターンでも準備、下準備、チャーチなど場が空の状態で相手の誘発を貰うポイントはそれなりに多く、パーデクが着地してしまえば今度はパーデクで誘発のケアを行えるので動きとしては噛み合っている。天使族ではなくΛを立ててから展開する事も出来ない為その後は腐り続けるが、スカルデットで戻す事が出来るのでそこまで気にならないと思う。

γが通った場合どう処理するかは要検討。リンク数として使ってアポロを立てる、球体とシンクロして虹光を絡めて展開する、Ωで1ハンする等が候補。